aruru753のメモ

楽しかった記憶を記録に

三森すずこ『MIMORI SUZUKO 5thAnniversary LIVE 「five tones」』のメモ

2018/08/12(日)にパシフィコ横浜で開催された三森すずこさんのライブ『MIMORI SUZUKO 5thAnniversary LIVE 「five tones」』に参加しました。

 

 

セットリスト

  1. ミライスタート
  2. Happy Lucky Life!!
  3. Colorful Girl
  4. ドキドキトキドキトキメキス♡
  5. 純情 Da DanDan
  6. 恋はイリュージョン
  7. 海と空のヒミツ
  8. サキワフハナ
  9. エガオノキミヘ
  10. My First Lesson
  11. アレコレ
  12. 革命のマスカレード
  13. 比翼の鳥
  14. Light for Knight
  15. Xenotopia
  16. SAKURA dreamers
  17. WONDER FLIGHT
  18. スマイリウム
  19. ユニバーページ

アンコール

  1. TINY TRAIN TOUR
  2. 夢飛行
  3. ちいさな手と観覧車
  4. 会いたいよ...会いたいよ!

 

途中のMCで「5周年という事で5色の三森すずこを用意した。」的なお話があり(記憶がガバガバ)、各パートに合わせた5色の衣装で登場しました。

相変わらず着替えが早い…

そして今回も基本的に本編のMCが少な目でガッツリ歌うスタイルで三森すずこさんはすごい!!!となるライブでした。

 

1.ミライスタート

俊龍スタート。

とまらないドキドキは始まりの合図

ライブのスタートにはピッタリな歌詞ですよね。

 

2. Happy Lucky Life!!

ここでアルバム曲の登場。勝利の女神

ワチャワチャしまくりごちゃごちゃしまくりの曲(そこが好き)。

振りコピもしやすく可愛く楽しい。サビの一部の振付が完全にDA PUMP - U.S.A.の「C'mon, baby アメリカ」でした。

 

3.Colorful Girl

恒例の色変え曲。三森さんの掛け声に合わせてキンブレのボタンをカチャカチャ連打して色変えをやっていきましょう!

 

4.ドキドキトキドキトキメキス♡

>楽曲「ドキドキトキドキトキメキス♡」はPandaBoY楽曲提供曲。甘酸っぱくて上質なテクノPOPとなっている。

イントロで会場の盛り上がりがすごかった。

高速で展開するダンスにテクノなメロディ。

「みんなの所に行くよ~」と、トロッコに乗り移動しながら歌っていました。

 

5.純情 Da DanDan

本当に好き…ダンス最高…『Mimori Suzuko Live 2015 "Fun! Fun! Fantasic Funfair!"』が大好き…

「まだまだ行けるかな!?」の煽りからのスタート。イントロで好き過ぎておしまいだ~~~~と床になった。

 

6.恋はイリュージョン

タップシューズに履き替えた三森さん。華麗なタップダンスを決めました。タップシューズはこの曲を収録した時以来だそう。

純情 Da DanDanや恋はイリュージョンはダンスをしながら踊る三森すずこさんの1つの到達点というか真骨頂。


三森すずこ「恋はイリュージョン」MV short ver.(7thシングル)

 

7.海と空のヒミツ

「外は曇りだけど夏に歌う曲を…」とMCから始まった『海と空のヒミツ』。

爽快感溢れる明るい夏曲といった感じでしょうか。だけど、どこか切ない感じ、スーっと突き抜けていく感じが非常に良い。季節感を感じられる曲が大好き。

青春もののアニメのタイアップソングにありあそうな感じ。

作詞:きみコ、作曲:佐々木淳、編曲:nano.RIPEとかいうオタクが大好きな組合せ。今回のライブの生バンドのカッコよさに磨きがかかっていました。


三森すずこ「海と空のヒミツ」試聴ver.(4thアルバムtone.収録曲)

 

8.サキワフハナ

Bメロで徐々に盛り上がっていくサビの入り方が大好き。

ひたすら聞き入ってました。

証明が勇者部の4人の色なのが良かったですね。

 

9.エガオノキミヘ

三森すずこ5周年の軌跡を描いためちゃエモおしまい~~な映像が流れました。いくつか好きなシーンがあったのですが、『Mimori Suzuko Live 2015 "Fun! Fun! Fantasic Funfair!"』のラストの決めポーズが本当に好き(1分37秒のシーン)


三森すずこLIVE2015『Fun!Fun!Fantasic Funfair!』Blu-ray&DVD PV

 

ラストに手書きの

君を連れて駆け出すよ

誰も追いつけない場所へ

のメッセージが表示され、『エガオノキミヘ』がスタート。

勇者部だけでなくファンへのメッセージでもある事が判明したのは大きかったですね。

 

10.My First Lesson

『エガオノキミヘ』からの『My First Lesson』の繋ぎは良かったですね。

作詞:こだまさおり、作曲:黒須克彦とかいう安心と信頼の組合せ。

ここらへんのパートは座って聴けたのもまた良かったです。

 

11.アレコレ

睡眠導入剤ソング。普段とはまた異なった三森さんを観れる曲。”女の子が東京に出てきて働き始めたものの、都会の喧騒にちょっと疲れた”感。

アルバム『tone.』の中で1番好きです。

照明の使い方や語りのあるパート、完全に世界に引き込まれていました。


三森すずこ「アレコレ」MV short ver.(4thアルバム「tone.」収録曲)】

  

12.革命のマスカレード

打って変わって、”カッコいいみもりん”パートへと突入。

MVを再現した真っ赤なドレスは、小林幸子さんを彷彿とさせるような長さでちょっと笑った。

これまでのカッコいい曲から更にカッコいいに振り切った曲。圧倒的な歌唱力にボコボコにされてしまいます。

サビ直前のデデッデーデデの高まり方が良いですが、Aメロのクラップが個人的には好きなので曲を聴き込んでクラップをカチ決めていきたいところですね。


三森すずこ「革命のマスカレード」MV short ver.(4thアルバム「tone.」収録曲)

 

13.比翼の鳥

宗教上の理由でこの曲に関してはノーコメントで。

今後もカッコいいパートの1曲になりそうな気がします。

 

14.Light for Knight

TVアニメ『ランス・アンド・マスクス』とかいう面白いアニメのタイアップ曲。

大サビの跳びポはしっかり跳んでいきたいですね。

 

15.Xenotopia

TVアニメ『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』とかいう面白いアニメのタイアップ曲。

Light for KnightXenotopiaのカッコいい曲ゾーンというかこの2曲が大好き。

今回もしっかりこの2曲が連続であって嬉しかったです。

 

16.SAKURA dreamers

特別ゲストの太田雅友さんを加えての演奏(SAKURA dreamsの作曲です)。せっかくだし夢見る!信じる!未来叶えて! も歌って欲しかったです… 桜🌸をイメージしたかのようなピンクの衣装で◎

”今”の三森すずこさんを表している様な歌詞がまた素敵。

まだ遠くへ行けそうだって

一緒なら信じられる

新しい夢 生まれたみたい さあ、届けなくちゃ!

出会いこそが奇跡 気づいたの

などの歌詞が特に好きです。

 

17.WONDER FLIGHT

あのねまだまだ 私たち叶えたい想い抱え

それぞれ違う夢 追いかけてる 追いかけ続けてる

………😭😭😭 ラブアローシュートのポーズを久しぶりに見ました…😭

跳びポたくさんあるのでしっかり決めましょう。

 

18.スマイリウム

久しぶりだったのにサビの振付を覚えていた自分に驚いた。

会場全体で作っていく曲。

 

19.ユニバーページ

完全にユニバーページが来る流れだった…歌い出す前からおしまいさんになった…ライブ中1番気持ち悪い動きをしてた…

#やっぱりユニバーページ

ラストの「君へと」は指差しをする所です!!!!!!

嬉し過ぎてピョンピョン跳んでいたらパシフィコ横浜の天井に突き刺さってしまいましたね。

 

EN1.TINY TRAIN TOUR

一歩踏み出した不思議なチケットで
ふわっと階段が消えて別の世界へ

作詞:畑亜貴、作曲:太田雅友とかいう安心と信頼のコンビ。電車の振付が良い。

MCでは「『My First Lesson』の歌詞で「未来はゆるやかなスロープの先で」とあるが、(アンコールで)後ろの扉から出てきたのは『未来はゆるやかなスロープの先で』に続いているから」「5周年の次の6つ目の未来の扉を開けて出てきた」(記憶がガバガバ)

『まだまだまだ帰らない!!』という歌詞にあるようにライブが終わらないで欲しい!となりました。

 

EN2.夢飛行

疲れたら 帰ってきて

変わらず ここで待ってるから

もっと強くなれる 守るものがある

だから走り続ける

の部分が好き過ぎる!!!!

ウルトラマンの曲ですがそれに合わせて赤と青のサイリウムを振っている人がいて良きでした。

 

EN3.ちいさな手と観覧車 

歌い始めでの客席の盛り上がりが毎回すごい…

最初の息を吸う所が大好き。

オレンジに染まる会場が夕暮れ感を出していてそれも好き。

 

EN3.会いたいよ...会いたいよ! 

ラストは「みんなで一緒にタイトルコールしましょう!」「会いたいよ…『会いたいよ!』」とスタート

デビュー曲。原点にして頂点。

 

 

おわりに

アンコールのMCでは「三森すずこを応援していてよかったと思ってもらいたい」などと言った話が出てきたりと、これまで最前で突っ走って道を切り開いてきた三森さんが5年という月日を経て考え方や、周りを見るように変化が見られました。

ここ2,3年のライブはミュージカルを見ているかのような世界観にどっぷり入り込むライブが主流でしたが、今回は5周年という事で過去を振返りながらのライブで、昔から応援している人程エモくなるライブでした。

 

また、三森さんのダンスだけでなくダンサーさんやバンドメンバーさんにも注目したくなるのは今回も同じくでした。特にダンサーさんとの掛け合いや振付が個人的にはすごく気に入っていて、恋はイリュージョンの歌詞の「三日月」って単語に合わせてダンサーさんが三日月を掲げていたり、ステージの小物を色々使っていたりと、早く見直したいのでライブ円盤の発売が待ち遠しいです。